お菓子工房 彩果

復活が使命

店主の黄川田仁さん

街のお菓子屋さん


 中心市街地にお店を構える焼き菓子屋さん「お菓子工房 彩果」。お店に入ると、甘い香りが広がっている。お店には、多くの焼き菓子と黄川田さんオリジナルのお菓子が並んでいる。
  このお店は、2019年7月26日にオープンした新しいお店だ。

多くの焼き菓子

1番人気のアップルジャーマンケーキ


 私は、アップルジャーマンケーキという黄川田さんオリジナルのケーキをいただいた。ジャーマンケーキは、とてもおいしかった! このケーキは、スポンジを砕き、シロップと混ぜ合わせて固めたものだ。上には、リンゴがのっていて、アップルパイのようだった。
人気のジャーマンケーキ

シャトー


 震災前、陸前高田市の中心街にあった「清風堂」の人気商品だ。この味を求めてくるお客さんも多いとのこと。子供から大人まで全世代に絶大な人気を誇っている。
シャトー(取材日が定休日だったので、後で写真を提供していただきました。)

秘密のメニュー


 ほかにも、週2日しか焼いていないというパンがあるそうだ。とても人気ですぐに売り切れてしまうとのことだ。私も食べてみたい!

11月発売予定の新商品!

試作品の「小枝の恵み」

  私が取材に伺うと店主の黄川田さんは、発売前の新商品を見せてくださった。   特産の気仙小枝柿の干し柿をふんだんに使ったお菓子だ。柿が取れる期間だけの販売だという。ぜひ、多くの人に食べていただきたい。

出店にあたり


 黄川田さんがお店を出店するにあたって苦労したのは、補助金の申請だったという。申請には多くの資料が必要で、どんな機械が何のために必要なのかを明記しなければならず、苦労したとのこと。
 お店の外観

震災当時は


 被災した黄川田さんは、少しのあいだ久慈市に避難した後、横浜にあるお菓子屋さんでしばらく修行をしていた。そうして、陸前高田市に戻ってきたという。そうしたら、「清風堂」の復活を望む声が多く上がっているのを知り、黄川田さんは、「清風堂」を復活させることが自分の使命だと感じたそうだ。

黄川田さんの思い


 震災前、陸前高田市の中心街にあった「清風堂」。そこで黄川田さんは、働いていた。そのお店は、住民からとても愛されていた。黄川田さんは、この親しまれていた「清風堂」があったことを、忘れないでほしいと語っている。
様々なことを語ってくださる黄川田さん

インタビュー先

店名:お菓子工房 彩果
店主:黄川田仁さん
連絡先:0192-53-1570
住所:陸前高田市高田町字馬場前68-1
営業時間:10:00~19:30
定休日:水曜日
インタビュー実施日:2019年9月11日

インタビュアーの自己紹介

岩手県立大学 田頭知樹
  陸前高田市の中心市街地を訪れたのは、初めてだった。そこには、多くのお店が立ち並び新しい街がつくられていた。どこのお店に入っても、優しい店主の方が笑顔で出迎えてくれる。なんて素敵な街なんだと思った。また行きたくなる街だ。
  この記事を書くにあたり、見やすさを重視して書いた。読んでいただけるとありがたい。

コメント

このブログの人気の投稿

荒木鮮魚店

花カフェ